2010年09月23日

箱根旅行外伝 その弐

二日目です。この旅で非常に楽しみにしていた「大涌谷」です。

未だ40万年前の名残を伝える噴煙地からは硫黄の匂いが強烈でした。しかし何よりも強烈だったのが大涌谷へ我々を運んでくれる「箱根ロープウェイ」です。

山の頂上に辿りついたかと思いきや、いきなり眼下に広がる噴煙地!そして突然の横風に揺れるゴンドラ!正直マジでビビリました。なぜ碇シンジはここへ足を運んだのでしょうか?






大涌谷なう



大涌谷と言えば「黒たまご」です。1個食べれば寿命が7年延びます。なんと5個一袋でしか売ってません!1個で十分なのに・・・でも口の中がパサパサになるので、1個しか食べれませんでした。





いざ初黒たまご!







殻を剥くと普通のゆで卵でした・・・煮玉子みたいなのを想像してたんだけど。

しかし犬の嗅覚って人間の何百倍って言いますよね?大涌谷ってすごい硫黄の匂いなんだけど、平気なのかな?多分人間の感じる「臭い」と犬の感じる「臭い」の感覚って違うんだろうな。



ものすごい勢いで階段登ってるし、なんともないんでしょう。さ、次の観光地へ向かいますよ。  

Posted by えみり~ at 21:00Comments(0)あんこパパ